HOME > Project > 教育支援
教育支援
平成26年度子どもゆめ基金 「親子でつくるソーシャルスキル教材〜地域で連携する障がい児サポート〜」教材開発
撮った写真や動画を使って自分だけのオリジナル教材を作成できる特別支援教育教材です。すぐに使えるサンプル教材も多数収録し、コンビニで簡単に出力できます。また、会員登録して教材を公開して共有することもできます。
平成25年度子どもゆめ基金「特別支援教育『すぐに使える!プリント+ビデオクリップ』」教材開発
プリント教材やWEBコンテンツ・ビデオクリップ・イラスト素材等を多数収録した特別支援教育教材です。カテゴリーやレベルにより、データベースからすばやく検索できます。WEB上でカスタマイズ可能なオリジナルプリント作成プログラム、会員登録して教材保存やコメントができるシステムを開発しました。
平成23年度子どもゆめ基金「得意・不得意から入る特別支援教育教材」教材開発
「読む・書く・聞く・話す」を子どもの得意・不得意や認知特性に応じた支援方法で学べる特別支援教育教材です。低学年の子どもにも楽しく取り組めるよう、遊びの要素を取り入れたデジタル教材・カードゲーム・プリント教材を開発しました。
スマートフォン講習
スマートフォンについて、基礎知識から便利な使い方までの講習を行いました。
特別支援教育関連セミナー
大阪大学や東京学芸大学とともに取り組んでいる特別支援教育教材の紹介と使い方を通じて講演を実施しました。
平成22年度子どもゆめ基金「電子ビジュアル辞書」教材開発
特別支援教育デザイン研究会との協同開発。小学校で習う全ての漢字と、生活に重要な単語をデータベース化。文字検索や、分類からも調べることができ、漢字の様々な要素がつまったビジュアル辞書です。
企業内研修の実施
IT研修を中心に講師派遣、研修実施、研修内認定試験の実施。
シャープシステムプロダクト株式会社様:教育ソフトウェアスタディシリーズ「特別支援教育用教材」開発
教育用ソフトウェア「スタディシリーズ」の特別支援教育用の教材を開発しました。
平成19年度子どもゆめ基金「生活シミュレーションで育てる「聞く・話す・読む・書く」」教材開発
特別支援教育研究実践委員会との協同開発。国語科補助教材として、学校教師からのアンケートをもとに、国語科教科書出題頻度の高い単語約2,000語を選出し、単語を表す漢字イラストを作成。聴覚、視覚を使い、特異性を活かし記憶できる教材開発を行いました。
財団法人地域創造様:「映像記録保存事業」神話・民話の映像制作
昔から大阪府柏原市で口渡しに受け継がれてきた消え行く民話・神話を映像保存するために、下絵からデジタル化、ナレーションまで手掛け、地元の方に直接取材を行い3話の映像保存を行いました。
平成18年度子どもゆめ基金「数のちから」教材開発
特別支援教育研究実践委員会との協同開発。昨年同様、平成18年度子どもゆめ基金助成を受け、子どもが特につまづきやすい単元を現役教師の意見をもとに選出し、生活で考えられる数の応用活用を場面別に学べる教材となっています。
平成17年度子どもゆめ基金「楽しく体験!ソーシャルスキル」教材開発
特別支援教育研究実践委員会との協同開発。平成17年度子どもゆめ基金の助成を受け、判断基準が難しいとされる軽度発達障害の理解と知識を深め、個々の子どもに合った指導提案を見出す目的で開発を行いました。
商業高等学校人材育成プロジェクト
大阪市立天王寺商業高校を対象に、「商都大阪」を受け継ぐ青年たちへ、国際的に通じる人材を育成する3ヵ年に渡る教育プロジェクトを行いました(e-Kokoro協議会協同プロジェクト)。
算数教材DVD「先生のチ・カ・ラ」教材開発
小学1年生から6年生までの算数の補助教材。フラッシュカード型やランダムな問題出題ができ、また、アニメーションの利用により、数式と図式を組み合わせた理解が可能となりました。PDFデータによるプリント教材もあり、学んだことをすぐに実践できます。
財団法人コンピュータ教育開発センター様:「産業協力情報授業/
「もしもし」はなぜ届くのか?携帯電話の謎に迫る!」教材開発
かわいいキャラクターとアニメーションにより、携帯のつながる仕組みが子どもにもわかりやすく説明。
文部科学省様 発行DVD「情報社会の光と影ーモラルとリテラシーあなたは子どもをどう守りますか?」
情報教育映像(DVD)の作成。シナリオ作成、キャラクター作成、動画コンテンツ作成及び映像撮影等、総合プロデュース。
国土交通省様:中部技術事務所 河川環境学習閲覧デジタルコンテンツ「キッズナビ/水中探検」作成
キッズ用理科学習コンテンツ制作。川の様子(水の流れや魚などの生き物)をイラスト、動画、写真で多数紹介。
財団法人コンピュータ教育開発センター様:「不登校・家庭学習支援ーホップ・ステップ・ジャンプ」教材開発
全国の学校がITを活用した教育を実践するための支援プロジェクトを総合的にプロデュース。
子ども向け図書検索システム
「本の海大冒険」システム開発及びデザイン製作
財団法人大阪国際児童文学館との協同開発。子どもゆめ基金の助成を受け約8,500冊の膨大な量の書籍から検出を容易にすることで、子どもの本離れの解消を目的におこないました。

■ 掲載情報 新聞掲載…48社、雑誌掲載…4社、テレビ局…11社、ラジオ局…4社、その他…5社
讀賣新聞2003年4月25日掲載はこちら▶
教科書掲載 大阪書籍 小学国語 6上 掲載はこちら▶
大阪府教育委員会様 家庭学習支援教材等ー自学自習用教材CD「小学生用・楽しい国語」「中学生用・EnjoyENGLISH」教材開発
家庭学習(自学自習)用デジタル教材の開発。音声やフラッシュを使用した、子どもが飽きずに楽しみながら学べるコンテンツ。
「研究発表会」制作物作成の支援・指導
小学校の教育研究発表会における制作物作成支援。
大阪府八尾市様・松原市様・藤井寺市様・柏原市様:各自治体が取り組むIT講習の実施
コンピュータネットワークやセキュリティー、Webマーケティング等、IT関連業務を幅広く支援。現状の分析と課題の明確化および講習会・研修会の実施。
大阪府八尾市様・松原市様・藤井寺市様・柏原市様:各自治体が取り組むIT講習の講師派遣
IT講習会、研修会への講師派遣による教育支援。コンサルティングにより明確化した問題点、職員のレベルや必要性に合わせた効果的な教育を実施。